英会話を短期集中で身につける方法

英会話を短期集中で身につける方法 未分類
tomit
tomit

今回は英会話を短期集中で習得する方法を開設していきます。今回の短期集中というのはだいたい3ヶ月ぐらいを目安にして開設していきます。

こんにちは。tomitです。

✅今回のお悩み
・英会話は短期集中で習得できるのかどうか?
・実際に短期集中で英会話を学ぶとどれくらいで習得可能なのか?

本記事は「英会話を短期集中で習得する」というテーマになります。

結論から言えば、英会話を短期集中で習得することは可能です。
ただ、英会話学習を始める時点での英語の知識量によって習得するまでにかかる時間は変わってきます。

✅本記事の内容
・英会話を短期集中して習得するロードマップ
・英会話を短期集中で習得するために重要なポイント
・英会話を短期集中で習得する際の注意点

では解説していきます。

英会話を短期集中で身につける方法

英会話を短期集中で身につける方法

実際に英会話を短期集中で習得するためにどういったロードマップで学習していくべきか解説していきます。

✅短期集中で英会話の習得を狙うロードマップ
1ヶ月目:知識を増やす
2ヶ月目:知識をさらに増やす+学習した知識を使う
3ヶ月目:ひと通り知識を入れ終えた段階で、とにかく使う

今回の記事で言う短期とは3ヶ月程度の時間を考えています。

留学前の3ヶ月や、就職前の3ヶ月を使って英会話を学習する方も多いと思います。3ヶ月でしっかりと成果を出すためにやるべきことを解説します。

英会話を短期集中で攻略:1ヶ月目

英会話を習得してやろうと思い、最初にやるべきことは知識を入れるインプットの作業になります。短期集中で英会話を習得するために一番大切なのは、このインプットをどれだけ早く終わらすかにかかってきます。

以下に英会話に必要な知識をまとめます。

✅英会話のためにインプットすべき知識
・英会話のための単語帳1冊
・英文法書
・簡単なフレーズ集の暗記

以上の3点の中でも大切なのが英文法になります。
英文法書は必ず1ヶ月目に終わらせるようにしましょう。

英会話に必要な英文法は、そこまで専門的なものでなくて大丈夫です。

私が英会話を学び始める方にオススメしている教材は「一億人の英文法」です。

流し読みで良いので1ヶ月で最低3周は読みましょう。

詳しい使い方は以下の記事を参考にしてみてください。

1ヶ月目のメインは英文法ですが、並行して語彙も覚えていく必要があります。

単語帳はなんでも大丈夫です。ポイントは簡単な英単語帳を選びましょう。

オススメはこれです。

中学レベルの英単語と熟語が復習できます。
例文を聴きながら覚えることができるので、電車の中や通勤中の車の中でも暗記をすることができます。

本音を言えば単語が羅列されている系の単語帳をやってみて欲しいですが、ここではとにかく早くボキャブラリーを増やすことに専念しましょう。

もしも、単語が無機質に羅列されていることに抵抗がないならば、こちらを使ってください。

この1冊で高校1年までの英単語が暗記できます。
単語の覚え方にはコツがありますので以下の記事を参考にして学習してください。

これでもまだ余力がある方は、フレーズ集を買って英文法と英単語と併用して学習を進めてください。

大切なポイントをもう一度まとめておきます。

✅英会話を短期集中して習得するポイント:1ヶ月目
・英文法が最優先、必ず3周は終わらしましょう。
・英単語帳はボキャブラリーを増やすために必須です。
・単語帳は最低8割ぐらいの完成度を目指しましょう。
・余力のある方は英会話のフレーズ集も取り入れましょう。

英会話を短期集中で攻略:2ヶ月目

1ヶ月目で目標が達成できたとします。
そしたら次のステップに移ります。2ヶ月目にすべきことを以下にまとめてみます。

✅英会話を短期集中で攻略2ヶ月目
・1ヶ月目のインプットを継続
・アウトプットを少しずつ入れていく

1ヶ月目に学んだことだけでは、英会話はできません。
なぜならまだ、リスニングとスピーキングに手をつけてないからです。

✅2ヶ月目の目標
・簡単な英文を聞き取れるようになる
・簡単な英文を話せるようになる

以上の2点を達成するためにすべきことがあります。

シャドーイングです。

リアルな英会話の音源に合わせて、自分で発声していきましょう。

ここでの学習方法はYouTubeを使いましょう。

The Murders in the Rue Morgue by Edgar Allan Poe, Part Four

英会話学習で有名な「VOA Learning English」「American stories」を使いましょう。ゆっくりとした音声と動画上に音声のスクリプトがあるので、一緒に音読しながら何度も繰り返してみてください。

こちらがリスニングと少しだけスピーキングの対策になります。

VOAのチャンネルは、英語学習者のために作られているコンテンツです。余力がある方は他の動画にもチャレンジしてみてください。
語彙やグラマーについての動画も多数あります。

スピーキングの対策としては英会話のフレーズ集を使いましょう。

オススメはこちらです。簡単な英会話のフレーズが100ほど収録されています。
この本をベースにフレーズをどんどん暗記していきましょう。
その際、必ず音読をしながらやりましょう。

以下に大切なポイントをまとめておきます。

英会話を短期集中して習得するポイント:2ヶ月目
・インプットは1ヶ月目と同様に継続(学習の比重は落としてください)
・リスニング対策として、YouTubeのVOA Learning Englishを使います。
・スピーキングの対策として、フレーズ集を暗記してください

短期集中の英会話学習でリスニング対策としてAmazonオーディブルもかなり使える

Amazonオーディブルは本の読み聞かせをしてくれるコンテンツです。
30日間の体験が無料で、1冊無料でダウンロードができるので、英会話学習をより楽しくするために役立ちます。

Amazonオーディブルについては以下を参考にしてみてください。

英会話を短期集中で攻略:3ヶ月目

1ヶ月目、2ヶ月目とインプットを中心に学習をしてきました。
ここからは、アウトプットのみに移ります。

英会話の力が伸びるのはここからになります。
実践で揉まれることによって強制的に英会話の力を伸ばしていきます。

✅英会話を短期集中で攻略:3ヶ月目
・アウトプットのみ
・実際にネイティブと会話しましょう。

ここでいうアウトプットとはネイティブとの会話になります。
「そんなこと言われてもネイティブの友達なんていないよ!」と思われた方いると思います。

心配いりません。
全て解説します。

ネイティブの言語パートナーを見つけるためにスマホのアプリを使いましょう。

ここで使うアプリは「Hello Talk」になります。
無料アプリなので全くお金はかかりません。

このアプリの使い方は以下の記事で解説しています。
少々注意点がございますので、始める目に必ず以下の記事に目を通しておくことをオススメします。

このアプリを使って毎日英会話をネイティブ相手にしてみてください。

この際の注意点を以下にまとめます。

✅アウトプットをする時の注意点
・インプットし知識を積極的に使う
・使える表現を意識的に増やしていく

最初の2ヶ月で覚えた知識を積極的に使っていきましょう。
使うことで、ただの知識が使える知識に変化していきます。

スピーキングとリスニングの対策なので、必ず通話でネイティブと会話するようにしましょう。テキストではいつまで経っても話せるようにはなりません。

以下に3ヶ月目の内容をまとめておきます。

英会話を短期集中して習得するポイント:3ヶ月目
・アウトプットのみ実践しましょう
・ネイティブとスマホアプリHelloTalkを使って会話しましょう。
・その際は、必ず通話でやりましょう。

英会話を短期集中で習得するために重要なポイント

英会話を短期集中で習得するために重要なポイント

以上で短期集中で英会話を攻略する方法について解説してきました。
ここからは3ヶ月の英会話を学習する際に重要となるポイントを解説していきます。

英会話を短期集中して習得するために、インプットを大切にしましょう

英会話の短期集中に欠かせないのはインプットです。
このインプットを以下に早く高速で終わらせるかにかかっています。

インプットを地味でおもしろいくないからと言って、しっかりと学習しないと、アウトプットの段階に入っても英会話の力は伸びません。

英会話を短期集中で習得するために、恥じらいは捨てましょう

「私の英語なんてまだまだだから。。。」と言う方よくいます。
こんなマインドではいつまで経っても英語は話せるようになりません。
断言できます。

3ヶ月後には英語が話せるようになると言うことに自信を持って恥じらいは捨てましょう。

恥じらいを持ったまま学習を進めていくと、3ヶ月目のアウトプットの時に英会話の力が伸びません。

英会話を短期集中で習得するために、毎日欠かさず学習をしましょう

ここでテーマにしているのは短期集中で英会話を習得するための学習です。
短期集中と言うからには毎日最低でも3時間は英会話学習に当てましょう。

3ヶ月で英語が話せるようになると思ったら毎日6時間英会話に時間を費やしても全然もったいなくないです。

学習は量だけが問題ではありませんが、ある程度の量は確保しましょう。

英会話を短期集中で習得する際の注意点

英会話を短期集中で習得する際の注意点

短期集中で英会話を習得する際に注意すべきことがあります。

注意1:インプットについて

インプットが大切と言うことは何度も言わせていただきました。
インプットが全くできていない状態で、次のステップにいっても英会話の力は伸びません。

本記事でいう1ヶ月目、2ヶ月目、3ヶ月目というのはあくまでも目安です。
もしも学習が遅れている場合は、インプットの時間を伸ばしましょう。

注意2:インプットの学習法

本記事の学習法は基本は参考書を使った学習法を提案させていただいています。
しかし、参考書ではなかなかわからないという方もいると思います。

そこで、自分に参考書をベースにした学習方法は合わないと感じたら、すぐに学習方法を変えましょう。

具体的には自己投資をしてオンライン英会話に入会することをオススメします。
カリキュラムは全て組まれているので、そちらに沿って学習すれば良いだけです。

私がオススメするオンライン英会話については以下の記事で解説しています。
参考にしてみてください。

注意3:アウトプット終了後について

本記事で紹介した方法は短期集中で英会話を習得するということに焦点をおいた方法です。アウトプットが終わった後も当然英会話の学習を続けていくべきです。

最低限、英語でコミュニケーションを取れるレベルに3ヶ月で引き上げ、そこからはより正しい英会話を学んでいく必要があります。

とはいえ、英語でコミュニケーションが取れるレベルまで来ていたらあとは簡単に英会話のレベルを伸ばしていけます。

英会話学習の半分以上が英語でコミュニケーションが取れるようになるということに占められています。
そのレベルまで来る前に挫折している人が大半だと私は感じます。

まとめ

まとめ
tomit
tomit

以上で英会話を短期集中で習得する方法の解説を終わります。誰でもできますが、それなりに学習時間を割く必要があります。短期集中で英語のコミュニケーションができるようになるので、そこはご理解ください。

短期集中で英会話が習得できれば、これほど良いことはないですよね。
長々と英会話の学習している方達をごぼう抜きして、一気に英会話のスキルを習得することができます。

とはいえ、簡単なことではありません。
それなりに学習する必要がありますし、3ヶ月間毎日継続していく必要があります。

ただ、それができれば、英会話は短期集中で習得できます。

もしもあなたが英会話を短期集中で習得したいなら覚悟を持って、学習に取り組んでください。3ヶ月で英語を習得するためにあなたの3ヶ月は英語のために犠牲にする必要があります。

「犠牲って、、、」
ネガティヴなイメージを持つ方もいるかもしれませんが、私は大きな価値があると考えます。英語が話せるようになるだけでかなりの優遇があります。
それを3ヶ月で手に入れることができるんです。

やってみたらわかります。

悩んでいる方は、挑戦してみましょう!!

タイトルとURLをコピーしました