学生にオススメ!英会話を1万円以内で習得しよう!

学生にオススメ!英会話を1万円以内で習得しよう! 英語学習
tomit
tomit

英会話の習得にはお金がかかる。。。と思いの方へ、出費を最小限に抑えた英会話習得法をオススメしていきます。

お金がかかるからといっておきらめる必要はないんです!

こんにちは。トミットです。
英会話を習得したいと思っている方も多いと思いますが、どうしても毎月の月謝が
痛いと感じる方がいるはずです。
そこで今回は、以下のようのテーマで記事を進めていきます。

✅今回のテーマ
・1万円以内で英会話を習得する方法

本当にできるのか?と疑っている方へ、実際に可能です。
なぜ言い切れるのかというと、私はたくさんの英会話の習得をした日本人を見てきました。その中には1万円以内で英会話を習得した方がゴロゴロいたからです。
彼らの学習方法を真似すれば、実現不可能ということはないでしょう。

本記事は以下のような内容で進めていきます。

✅本記事の内容
・一万円以下で英会話を習得する方法

英会話を1万円以内で習得しよう!

英会話を1万円以内で習得しよう!

それでは早速英会話を1万円以内で習得する方法を習得していきます。
以下のような流れで説明していきます。

1、英会話習得の必要経費
2、1万円以内に抑える上での注意点

”1万円以内で英会話習得”の必要経費

いくらお金をかけなくても大丈夫とは言え、必要経費はあります。
0円で英語の習得が不可能とは言えませんが、かなり非効率です。

以下必要な物をあげていきます。

✅英会話学習に必要不可欠なもの
・文法書
・英単語帳

以上の2つは必ず揃えておいて欲しいです。
文法書で体系的な英語をざっとマスターし、後は語彙を単語帳で増やしていきます。
この作業は、ゼロから始めるなら避けては通れません。

オススメの英文法書、使い方は以下の記事で紹介しています。

英単語帳に関しては、正直何でも良いです。
ただ1つ気をつけて欲しいのが、難易度は易しいものを選ぶということです。
英会話習得には継続して学習する必要がありますので、難しすぎる物を選ぶと
挫折してしまいます。

英単語の効率の良い覚え方は以前に紹介しています。

”1万円以内で英会話を習得”の注意点

必要最低限に英会話にかけるお金を削っているため、
注意することが数点あります。
以下にあげていきます。

✅注意点
・周りの英会話学習者に影響されない
・自分の選んだ参考書をとにかく信じる
・アウトプットがこの学習法の鍵!

周りの英会話学習者に影響されない

今紹介している学習方法は、”1万円以内で英会話を習得する”というのが、
メインの目的です。
お金をかければ際限なくかける場所がある英会話学習ですが、大切なことは、
自分の目的を見失わないことです。

周りの英会話学習者に惑わされないように気をつけましょう。

自分の選んだ参考書をとにかく信じる

1つ目の注意点にも関連してきますが、多くの英会話学習者が、
知人やインターネットの情報で参考書について惑わされます。

英会話を習得した立場から言わせてもらうと、多少のコンセプトの違いから、
特徴が違うものの、本質はほとんど変わりません。

言いたいことは、人が使っている参考書に惑わされて、
あれが欲しい、これなら英会話ができるようになるはずと、
ブレて欲しくないということです。

私の見てきた中で、ブレている人は9割がた英会話の習得はできていません。

アウトプットがこの学習法の鍵!

私が紹介した必要経費は語彙、文法の2つだけでした。
この理由は、アウトプットの量で、他の項目を補うためです。

必要最低限の知識だけインプットして、後は実践を繰り返していくことで、
無理やり英会話を習得します。

正直な話をすると、このやり方のほうが、英会話学習を楽しむことができますし、
何より実践的です。

アウトプットのやり方は以下で説明していきます。
大切なので必ず目を通すようにしてくださいね。

”1万円以内で英会話習得”の学習方法

”1万円以内で英会話習得”の学習方法

以上で説明したことを踏まえていただければ、ここからの内容はかなりスムーズに
理解できると思います。
まずは学習手順を解説していきます。

✅学習手順
1、買った単語帳と英文法書をやる
2、アウトプット(大切)

かなりシンプルですね。
シンプルというよりも1万円の縛りがあるため、シンプルにならざるを得ません。

買った単語帳と英文法書をやる

やり方は前述しました。
このフレーズは、とにかく基礎を抑えることが目的です。
早急に終わらし、できるだけ早くアウトプットに取り掛かりましょう。

(注意)
このフレーズでは、英会話習得についての成果はまるで見られません。
とは言え何も成長していないというわけではありません。
この次のアウトプットで飛躍的に成果をだす道具となりますので、
くれぐれもここでリタイアしてしまわないようにお願いします。

アウトプット(大切)

この学習方法のメインになります。
必要最低限の知識を入れて、残りはアウトプットの中で学習していく形になります。

ここで言うアウトプットとは、英語を実際に使うと言う意味です。
知識を入れる学習がインプットなら、使う学習がアウトプットになります。

私がオススメしているのは、英語ネイティブとのアウトプットです。
自分の持っている知識を使って英語ネイティブの人と会話することで、
英語に慣れ、かつより深い知識を獲得していくことができます。

アウトプットで使うのは”HELLO TALK”と言うスマホアプリです。
このアプリは、言語交換を無料でできる優良アプリで、
英会話学習にはかなり使えます。

以下で簡単にアウトプットの方法についてまとめておきます。

✅アウトプットの方法
・HELLO TALKを使って英語ネイティブと会話する
・日常的に英語を使っていく
・入れた知識を使える知識にするためにどんどん使う

HELLO TALKについての詳しい話は以前に記事にしています。

まとめ

まとめ

長々と説明してきましたが、やることはかなりシンプルです。
語彙と文法を知識としてインプットし、HELLO TALKを使って使うだけになります。

便利な時代になり、おうちから簡単に外国人の方と繋がれるようになっています。
英会話学習においても、この進歩によって習得の壁がグンと下がっているのが事実です。

英語ができれば世界が広がるとよく言われますが、これは本当です。
私自身、英語を話せるようになって、普段の生活が豊かになったと感じています。

1万円以内で生活を豊かにできるなら、やらない手はないでしょう。

以上で本記事は終わりとなりますが、質問やわからないことがあれば、
Twitterの方で気軽にメッセージを送ってください。
みんなで協力して英会話を習得しましょう!

タイトルとURLをコピーしました